ダイコク電機株式会社
証券コード:6430

IRサイトマップ 閉じる
企業情報
企業情報

経営方針

会社の経営の基本方針

当社グループは、創業以来、「パチンコファンが喜ぶこと」を発想の原点としており、アミューズメントの世界において誰もが楽しめる新しいシステムやサービスの開発にチャレンジしてきました。
今後も独自の発想と技術力でコンピュータを中心に時代の変化を読みとり、ニーズを先取りする市場創造型の製品を提案し続けることによって、社会へ貢献していくことを基本方針としております。
また、ブランド力の向上により、顧客からの支持を強めることが、企業として継続的な業績発展につながるとの考えから、『顧客からの支持は、継続的業績発展につながる』を当社グループの企業品質方針として掲げ、企業活動を行っております。

目標とする経営指標

当社グループは、経営の効率化、高付加価値化を推し進めることにより収益力を高めることが、企業価値・株主価値を向上させることであると考え、売上高営業利益率を重要な経営指標としております。

中長期的な会社の経営戦略

パチンコ業界を支援する情報システム企業として、業界の新しい成長を生み出す、どこよりも優れた情報インフラを提案していくことが当社グループの使命と考えております。
そして、ファン層の拡大(集客)こそが業界全体の発展につながるとの信念を持ち、パチンコホール、遊技機メーカーとパチンコファンを信頼で結び、三者が共に利益と満足を得るビジネスを構築してまいります。
そのために、全国のパチンコホールに対しては、遊技機の有効活用、パチンコファン集客のためのホールコンピュータをはじめとする情報システム機器の提供やネットワークサービスにより、企業経営・店舗運営を支援する一方、遊技機メーカーに対しては、より魅力のある表示ユニットや制御ユニットを提案し続けてまいります。
また、パチンコファンに対しては、スマートフォン及びインターネット向け情報サービスをさらに強化し、より一層有用なホール情報を提供してまいります。

ダイコク電機のビジネス

より楽しく、よりおもしろく、すべてはファンのためにより楽しく、よりおもしろく、すべてはファンのために

ダイコク電機は常にファンの視点に立ち、ファンのために何ができるのかを日々追及する中で、「遊技ファン」「パチンコホール」「遊技機メーカー」のパートナーとしてさまざまな技術、製品、サービスを提案してきました。
これからも社会動向、業界動向、そしてファンのニーズをいち早く把握し、より一層楽しめるエンターテインメントを創造していきます。

事業内容

当社には、大きく2つの事業があります。
「パチンコホール・遊技ファン向け事業」ではパチンコ・パチスロホール向けに設備機器の開発・製造・販売を行い、パチンコ・パチスロ遊技ファン向けにデータ閲覧スマホサービスを行っております。
「遊技機メーカー向け事業」ではパチンコ・パチスロ遊技機の表示・制御ユニットなどの開発・製造・販売を行っております。

パチンコホール・遊技ファン向け事業(情報システム事業)

ホール向け製品

ホールコンピュータ

ホール経営用のコンピュータ

ホールコンピュータ
情報公開機器

遊技ファン用のデータ表示機

情報公開機器
カードユニット

ホール周辺設備

カードユニット

ホール向けサービス

MIRAIGATEサービス

ホール経営支援サービス

MIRAIGATEサービスMIRAIGATEサービス

遊技ファン向けサービス

サイトセブン

遊技ファン用のデータ閲覧スマホサービス

サイトセブンサイトセブン
サイトセブン

パチンコ・パチスロ遊技機向け事業(アミューズメント事業)

パチンコ・パチスロ遊技機に関わるソフト・ハードウェアの開発・製造・販売

パチンコ・パチスロ遊技機に関わるソフト・ハードウェアの開発・製造・販売 パチンコ・パチスロ遊技機に関わるソフト・ハードウェアの開発・製造・販売

ソフト開発

ハード開発

製造

販売

ダイコク電機の3つの強み

ホールコンピュータシェアNo.1

  • 店舗数 約2,800件
  • ホールシェア率 40%

1974年に業界で初めてパチンコホール経営用コンピュータをリリース。
それから50年。現在当社のホールコンピュータをお使いいただいているホール店舗数は、全国7,083店舗のうち約2,800件(シェア率40%)、市場にある遊技台343万台のうち168万台(シェア率49%)とつながっています。大型店舗への導入が多いため、台数シェアが高くなっています。

また今では当たり前になったデータ公開機器も、当社が業界で初めてリリースしました。近年では標準設備となっている大型液晶ランプや最新のワンストップセルフPOS等もいち早くリリースし、リーディングカンパニーとして常に業界をけん引しています。

ホールコンピュータシェアNo.1ホールコンピュータシェアNo.1

様々なビッグデータを保有し、安定した経営基盤を支えるストックビジネスを展開

  • 毎日141万台のデータ
  • 毎時4,300店舗分の客数データ

当社のサーバーには、全国343万台のうち、毎日141万台(約41%)の台データ(DK-SIS)が送られており、全国7,083店舗のうち毎時4,300店舗(61%)の客数データ(Market-SIS)を取得しています。
また、遊技ファン向けのデータ公開サービス(データロボサイトセブン)では150万人のファンと繋がり、サイトへのアクセス数やPV数によりファンの動向分析を可能としています。

このように、業界随一のビッグデータを保有することにより様々なランニングサービスをホール様やファンに提供し、ストックビジネスとして安定した経営基盤を構築しています。
※2023年度サービス売上66.3億円

様々なビックデータを保有し、安定した経営基盤を支えるストックビジネスを展開様々なビックデータを保有し、安定した経営基盤を支えるストックビジネスを展開

東証プライム上場企業として、様々なSDGs活動を推進。

  • 地球環境への貢献
  • 人材活躍の推進
  • イノベーションによるソリューション提供
  • 依存症への対応
  • ガバナンスとコンプライアンスの強化

当社グループは、「イノベーションによる新しい価値づくりを通じ、これからも一貫して持続的な成長を果たしてまいります。」という経営理念のもと、事業活動を通じて社会課題を解決し、ステークホルダーの皆さまとともに持続可能な社会の実現とグループの成長を目指しています。

2022年3月に掲げた5つのマテリアリティ「地球環境への貢献」「人材活躍の推進」「イノベーションによるソリューション提供」「依存症への対応」「ガバナンスとコンプライアンスの強化」のもと、積極的にSDGs活動を推進しています。

東証プライム上場企業として、様々なSDGs活動を推進。東証プライム上場企業として、様々なSDGs活動を推進。

業界環境

当社の会員制情報サービス「DK-SIS」及び警察庁発表資料をベースに業界環境を解説します。

用語解説

売  上
1日・1台当たりの貸し玉(コイン)金額
粗  利
1日・1台当たりの粗利金額
稼動時間
遊技機1台が1日に稼動した時間 (算定基準 パチンコ5,000玉/時間、パチスロ2,000枚/時間)

店舗数の推移

2023年の店舗数は7,083店舗で、店舗数の減少傾向が続いています。

グラフ
2019年 2020年 2021年 2022年 2023年 対前年比
パチンコホール数 9,639 9,035 8,458 7,665 7,083 △7.6%
内パチスロ専門店数 892 832 768 611 443 △27.5%

遊技機設置台数の推移

パチンコ・パチスロの遊技機設置台数は、2022年と比較してパチンコは約6%の減少、パチスロは約1%の減少となっており、パチンコの下落率が大きくなっています。
店舗当たりの遊技機設置台数は2022年から18台増加しており、増加幅がこの20年で最大となっています。店舗の大型化傾向が強まっていると言えます。

グラフ
2019年 2020年 2021年 2022年 2023年 対前年比
遊技機設置台数(万台) 420 400 381 356 343 △3.9%
パチンコ遊技機(万台) 256 243 234 220 208 △5.8%
パチスロ遊技機(万台) 164 157 147 136 135 △0.8%
店舗あたり(台) 435 443 451 465 484 4.0%

「DK-SIS」パチンコ動向の推移

2023年のパチンコ遊技機1台当たりの業績は2022年と比較して稼動時間は微減、粗利は横這いとなりました。
粗利の横這いは、稼動時間の下落を時間粗利(ファンの負担)を大きくすることで補った結果であり、稼動時間はコロナ禍の影響が最も大きかった2020年に近い水準となりました。特に、パチンコで過半数の台数を占める4円パチンコにおいては、年間の稼動時間が過去最低となるほどの落ち込みとなっています。

グラフ
2019年 2020年 2021年 2022年 2023年 対前年比
稼動時間(時間) 3.4 2.7 2.7 2.8 2.7 △2.8%
売上(円/日) 14,792 12,337 13,535 15,204 14.919 △1.9%
粗利(円/日) 2,442 2,008 2,196 2,464 2,479 0.6%
時間売上(円/時間) 4,330 4,570 5,040 5,410 5,540 0.7%
時間粗利(円/時間) 720 740 820 880 910 3.4%
台数シェア(%) 60.9 60.9 61.6 62.0 60.3 △2.7%

「DK-SIS」パチスロ動向の推移

2023年のパチスロ遊技機1台当たりの業績は2022年と比較して稼動時間は約22%、粗利は33%の大幅上昇となりました。この上昇率はここ20年で最も大きく、スマートパチスロがパチスロ業績全体を牽引した影響が非常に大きく現れました。

グラフ
2019年 2020年 2021年 2022年 2023年 対前年比
稼動時間(時間) 4.5 3.7 3.7 3.3 4.1 22.5%
売上(円/日) 21,422 17,386 14,558 14,174 19,254 35.8%
粗利(円/日) 3,003 2,445 2,106 1,993 2,652 33.1%
時間売上(円/時間) 4,740 4,710 4,340 4,250 4,710 10.8%
時間粗利(円/時間) 660 660 630 600 650 8.3%
台数シェア(%) 39.1 39.1 38.4 38.0 39.7 4.5%

「DK-SIS」の推測する市場規模の推移

業界の市場規模をDK-SISの実データから推測すると、2023年の売上規模は約15.7兆円、粗利規模は約2.54兆円となりました。2020年に始まったコロナ禍以降、市場規模は横這いで推移していましたが、2022年から2023年にかけては上昇し回復の兆しが見られます。
パチンコ・パチスロ別に市場規模を見ると、パチンコは売上規模・粗利規模ともに下落、パチスロは売上規模・粗利規模ともに大幅に上昇と、ここ数年とは真逆の傾向となりました。

売上規模

グラフ
2019年 2020年 2021年 2022年 2023年 対前年比
パチンコ 9.8 7.2 8.2 8.8 8.2 △6.8%
パチスロ 10.2 7.4 6.4 5.8 7.5 29.3%
売上合計 20.0 14.6 14.6 14.6 15.7 7.5%

粗利規模

グラフ
2019年 2020年 2021年 2022年 2023年 対前年比
パチンコ 1.72 1.25 1.41 1.52 1.44 △5.3%
パチスロ 1.52 1.10 0.98 0.86 1.10 27.9%
粗利規模 3.24 2.35 2.39 2.38 2,54 6.7%

今後の業界動向推測

2023年の業績は2022年と比較して全体としては稼動時間は微増・粗利は増加となりましたが、その内訳を見るとパチンコは下落傾向・パチスロは上昇傾向と、2022年までと異なる傾向となりました。また、店舗数は減少が続く一方で、市場規模は売上規模・粗利規模ともに回復しており、明るい兆しも見られました。

パチスロの業績が急速に回復した要因としては、2022年11月に初めて登場したスマートパチスロが2023年にかけて普及し、ファンから高い支持を獲得したことが挙げられます。その一方で、パチンコは長期にわたる時間粗利の高騰に加え、スマートパチスロ登場によってパチスロへファンが流出したことが、稼動時間の下落につながったと考えられます。

今後の業績については、パチスロは引き続きスマートパチスロが業績を牽引することで好調が続くと考えられます。また、パチンコにおいてもスマートパチンコ、さらにラッキートリガーのような新しいゲーム性を搭載できる遊技機が登場し始めており、これらによってパチンコの業績下落に歯止めがかかることが期待されます。ただし、スマート遊技機導入や新紙幣対応のための設備導入の負担が大きいことから、店舗の減少は続くと考えられます。

今後の業績については、パチスロは引き続きスマートパチスロが業績を牽引することで好調が続くと考えられます。また、パチンコにおいてもスマートパチンコ、さらにラッキートリガーのような新しいゲーム性を搭載できる遊技機が登場し始めており、これらによってパチンコの業績下落に歯止めがかかることが期待されます。ただし、スマート遊技機導入や新紙幣対応のための設備導入の負担が大きいことから、店舗の減少は続くと考えられます。

会社概要

社名 ダイコク電機株式会社
創業 1965年9月
設立 1973年7月
資本金 6億7千4百万円
主な株主 円谷フィールズホールディングス株式会社、株式会社KCプラス、栢森 雅勝
本社 名古屋市中村区那古野一丁目43番5号
会計監査人 あずさ監査法人
主な取引銀行 みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行
決算期 3月31日
役員
取締役会長
大上 誠一郎
代表取締役社長
栢森 雅勝
代表取締役専務
栢森 健
代表取締役専務
大成 俊文
取締役
櫻井 由美子
取締役
小紫 正樹
常勤監査役
西尾 光生
監査役
中島 健一
監査役
森田 幸典
監査役
今井 宣之
執行役員
上席執行役員
加藤 忠芳
上席執行役員
尾関 貴夫
執行役員
牧 久視
執行役員
岡本 篤憲
執行役員
石原 敬久
執行役員
猪飼 俊光
執行役員
飯田 康晴
執行役員
入江 明
市場
東京証券取引所
プライム市場
名古屋証券取引所
プレミア市場
証券コード 6430
関係会社 元気株式会社
DAXEL(ダクセル)株式会社
ダイコク電機コミュニケーションPLUS株式会社
アロフト株式会社
株式会社グローバルワイズ
西本産業株式会社