株主・投資家の皆さま

2017年3月期

2017年3月期 決算報告

決算概要 連結損益計算書


栢森啓取締役 2017年3月期の売上高は407億14百万円、前期比-62億9千万円、差引売上総利益は139億53百万円、前期比-3億26百万円となりました。販売管理費は129億4百万円、前期比-22億7千万円、営業利益は10億48百万円、前期比+19億42百万円、経常利益は13億74百万円、前期比+21億23百万円。親会社株主に帰属する当期純利益は5億2百万円、前期比+21億78百万円となりました。

売上高増減要因


栢森啓取締役 連結売上高は前期比-62億9千万円となりました。情報システム事業の売上高は-68億16百万円、制御システム事業の売上高は+5億29百万円となりました。情報システム事業の売上高増減要因といたしましては、新店件数が大幅に減少し、ホールコンピュータの需要が伸び悩みました。また、既存店舗の周辺機器に対する投資意欲の低下もあり、減収となりました。新型情報公開機器「REVOLA」の販売やMIRAIGATEサービスは順調に推移しました。
制御システム事業の売上高増減要因といたしましては、検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機の回収・撤去に伴う市場の動きから、遊技機メーカーの販売スケジュールが大きく見直されたことにより、表示ユニット及び周辺部品の販売数量は減少しました。パチスロ遊技機は、2機種を市場投入し、前期の1機種に対して増加しました。

営業利益増減要因


栢森啓取締役 営業利益は前期比+19億42百万円となりました。2016年3月期の営業損失8億94百万円に対しまして差引売上総利益が3億26百万円減少しましたが研究開発費が22億7千万円減少したことにより、2017年3月期の営業利益は10億48百万円と黒字転換いたしました。
セグメント別の研究開発費ですが、前期は情報システム事業の次世代製品開発がピークを向かえたことで一時的に研究開発費が増加したこともあり、前期比-17億25百万円減少の22億40百万円となりました。制御システム事業の研究開発費は8億2千万円で前期比-5億45百万円減少、計画比8億8千万円の減少となりました。

決算概要 連結貸借対照表


栢森啓取締役 連結貸借対照表でございます。流動資産は298億88百万円、前期比+3億6百万円。固定資産は169億39百万円、前期比-6億18百万円。下の方にまいりまして、有利子負債は33億円、前期比-22億円。自己資本比率は62.3%、前期比+0.2%。棚卸資産回転率は70.0日、前期比-3.1日。仕入債務回転率は69.3日、前期比-13.1日となりました。

決算概要


栢森啓取締役 キャッシュフロー計算書でございます。営業CFは93億39百万円、前期比+140億49百万円。投資CF-16億96百万円、前期比+8億15百万円。財務CF-29億38百万円、前期比-70億3百万円。現金及び現金同等物140億62百万円、前期比+47億4百万円となりました。

セグメント別業績


栢森啓取締役 セグメント別業績でございます。情報システム事業2017年3月期売上高 272億6千万円、前期比-68億16百万円。下の方にまいりまして、制御システム事業135億15百万円、前期比+5億29百万円。下の方にいきましてセグメント利益ですが、情報システム事業30億11百万円、前期比+7億34百万円。制御システム事業-3億6百万円、前期比+10億13百万円となりました。連結売上高407億14百万円、前期比-62億9千万円。連結営業利益10億48百万円、前期比+19億42百万円となりました。

以上業績についてご説明いたしました。

2018年3月期 業績の見通し


根本社長 改めまして、根本でございます。今後ですね、業績向上のためがんばってまいりますので、よろしくお願いいたします。
2017年3月期の業績見通しをご報告させていただきます。まず2016年3月期の連結業績は赤字でしたが、2017年3月期に関しましては黒字化できました。
その理由としましては、情報システム事業部は減収でしたが、ランニングサービス等収益の仕組みがいろいろ改善できまして、売上が減った中でも増益になるというようなビジネスモデルが段々できたのかなという、イメージをしております。

決算概要


根本社長 最近の業界動向・見通しを簡単にご説明いたしますと、1番目「検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機」の回収・撤去に伴う動きなどから、最近のホール市場は、投資意欲は低下の動きがみとめられます。
現在業界では、パチンコ店における、のめり込み問題を課題と捉え、検討を進めておりますが、2月10日に行政からいろいろ問題提起がございまして、それ以降業界のほうがバタバタしている状況です。ホール様も動きにくい環境になってるという感じがしております。
その他に遊技機の射幸性の問題、そして、受動喫煙の問題等ですね、業界が今後解決していかなくてはならない課題は、多々あるという認識をしております。
当面の業界動向ですけれども、パチンコ業界におきましては、依然として4円パチンコや新規準パチスロ遊技機の稼動不振が継続するなか、パチンコ店における依存症問題対策など、先行不透明な状況は、しばらく継続するものと思われ、当業界を取り巻く環境、厳しい状況が続くと予想しますということなんですけれども、ただ、今年も情報システム事業部におきまして、新製品の展示会とセミナーを開催させていただいております。本当に大勢のお客様にご来場いただきまして、いろいろお話を聞きますと、やはり、止まっていては業界陳腐化してしまうと話や、前向きないろいろなお話をいただいていることも事実ですので、我々としましては一生懸命提案活動して、業界活性化できるように、頑張っていきたいと思っております。

2018年3月期 決算見込(連結)


根本社長 2018年3月期の業績の見込みになります。上期は売上高190億円、営業利益及び、経常利益1億円、親会社に帰属します当期純利益は5千万円を見込んでおります。
通期では、売上高390億円、営業利益及び経常利益12億円、親会社に帰属する当期純利益は8億円を見込んでおります。
研究開発費は22億円を見込んでおります。内訳のほうは、情報システム事業で、19億円、制御システム事業で3億円という内訳になります。
設備投資は13億5千万円で、前期比3億61百万円の増加を見込んでおります。主な増加要因としましては、情報システム事業におきまして、ファン及びホール向けのサーバー、全体を管理しているサーバーのリプレイスも順次行っていくための投資をしていきます。また、社内システムも更新する計画でおります。
ソフトウェアは20億円で、前期比3億72百万円の増加を見込んでおります。主な増加要因は、製品のバージョンアップの増加によるものです。減価償却費は、18億5千万円を見込んでおります。

2018年3月期 見通し


根本社長 続きまして、今期の見通しの概況です。情報システム事業部の売上ですけれども、前期販売が好調でした、新型情報公開機器「REVOLA」や、テスト導入で注目が集まっております新CRユニット「VEGASIAⅢ」の本格販売により、前期比12億4百万増加の285億円を見込んでおります。VEGASIAⅢを中心に展示会を開催している状況です。
つぎに、制御システム事業の売上高についてですが、パチスロ遊技機の販売台数減少によりまして、前期比30億15百万円の減少の105億円を見込んでおります。
販売管理費は、研究開発費の減少や、パチスロ遊技機の販売手数料の減少によりまして、前期比8億4百万減少の121億円を見込んでおります。

2018年3月期 セグメント別業績見込


根本社長 2018年3月期のセグメント別業績見込みですけれども、情報システム事業部では、285億円の売上を見込んでおります。製品販売で175億、サービス売上で110億円の内訳になっております。
制御システム事業におきましては、105億円の売上を見込んでおります。パチンコ遊技機向けの液晶ユニットや、部品販売で75億円、パチスロ販売及びコンシューマゲームで30億円の売上を見込んでおります。
全社のセグメント利益は32億円で、情報システム事業部で25億円、制御システム事業で7億円を見込んでおります。
全社経費は、例年通りの19億円を見込んでおります。

中期経営計画


根本社長 中経ですけれども、2020年3月期で連結売上で570億円、連結のROE7%以上を見込んでおります。

事業戦略・施策


根本社長 続きまして、新たな事業戦略、そして、施策を説明させていただきます。

外部環境 遊技機の撤去について


根本社長 17頁と18頁は、今までの外部環境の説明をさせていただいてますので、資料をお読みいただければと思います。また、付属の別紙ですが、過去の業界の歴史という部分の資料も添付させていただきました。そちらの方は結構優れものですので、過去の状況と現在とを比較できると思いますので、後で業界環境という部分で、ご覧いただければと思っております。

外部環境 遊技機の撤去とパチンコホール売上高

外部環境 依存(のめり込み)問題


根本社長 続きまして、依存症の問題ということで今のIR法案が通りまして、カジノ、総合リゾートという部分なんですけれども、どうしてもギャンブルという部分のカジノと、大衆娯楽のパチンコという部分がなかなか一般の方々からご理解いただけないというなかで、担当される行政のほうからパチンコ業界の依存症に対して、いろいろ問題提起されているのが現状でございます。
そこを何らか業界として、一生懸命対応しようと動いている状況ですけれども、その辺がまた、設備の変更等、そういった部分も要因として出てきますので、喫緊の課題としまして、我々もシステムの変更という部分も必要という認識もしております。

事業戦略・施策 組織変更


根本社長 続きまして組織の状況でございます。今、業界のほうが厳しいという環境は、事実だと思うんですけども、そこを何とか業界全体で打破していくということは、当然我々の課題になりますので、今期、市場環境に対応するために組織変更を行いました。
なかなか難しいところなんですけども今やらなければということで、事業開発室を新設をさせていただきました。これは、新規事業の模索から始まりまして、なかなか大変なところだと思いますけれども、何らか今後の収益の道筋を作りたいという中で、今までプロジェクトという形でいろいろ動いてたんですけれども、なかなかそれではできないという状況の中で、組織の中に人員も組込んで新たな模索を開始してまいります。
次に「DK-SIS」ですが、今回も資料のほうに添付させていただきました。お客様により近いところにメンバーも含めて動いていくことで、業界に対する提案、そして我々の業績にもつなげるということで情報システム事業部の中に組込んでおります。今回の展示会でも相当活躍しており、業績貢献になるという認識をしております。
また当社はファブレス企業ですので、組織の機動力の向上と調達という部分で、コスト面も含めまして全体を強化していきたいということで、購買部、技術部を品質向上のために新設をした状況です。

戦略


根本社長 当社は中期戦略としまして、最高水準のサービスと製品の提供に努めております。中期的に市場シェアの向上と、収益構造の変化をはかりまして、収益力・成長力の向上を目指しております。
当グラフは毎回お話しております「MIRAIGATEサービス」の売上高推移と、見込みを記載しております。
当社独自のネットワークを活用して付加価値を与えて対価をいただくというようなビジネスモデルが構築できまして、先ほど申し上げましたように収益力という部分はこの辺で上がっているという認識をしております。
こういう市場環境の中ですけども、今回も展示会で、CRユニット「VEGASIAⅢ」というかたちで、新製品を投入させていただいております。やはり、CRユニットはハード販売だけではなく、ランニング収益にも結びつくという我々のビジネスの基幹にもなってるというような現実でですね、今後も販売件数の増加に努めてまいりたいと思っております。
今回もいろいろな、付加価値サービスを業界の方に提案させていただいております。このMIRAIGATEサービスは、どんどん右上がりで収益力のアップに貢献できるという認識をしております。

当社の環境への取組み


根本社長 続きまして、ちょっと、路線を外れてしまいますけれども、私どもの会社の、やはり環境という部分に対する考え方を含め、本社ビルの説明をさせていただきます。当社は環境への取組みといたしまして2011年5月に、名古屋市中村区に、本社ビルを建てさせていただきました。
当社は工場を持たないファブレス企業ですので、規模は大きくありませんけれども、環境に配慮しました取組みとして二酸化炭素排出量を3割以上削減可能な省エネ設計で建設し、最高評価のSランクを達成させていただいております。

当社の強み


根本社長 続きまして当社の強みという部分を、書かせていただいております。歴史的な今までの取組みですけれども、やはり源泉はアイデア力、営業力、サポート力、そしてですね、やはり、ナンバーワンの営業マンと、オンリーワンの製品作り、それが基本、基礎にあるというふうに認識しております。

戦略的方向性


根本社長 続きまして戦略的方向性を、載せさせていただいております。
1番目、先ほども、お話しました様に、CRユニットや情報公開機器の拡販やMGサービスの拡大による安定した業績を目指しております。
CRユニットも、VEGASIAⅢという形で、3タイプまで作り上げることができました。市場の方からの評価も高く、順調に推移している状況です。先ほど言いましたように、ハードの収益とともに、ランニングサービスと付加価値に対して対価をいただくという部分のサービスが実現できまして、収益向上につながっております。

2番目にですが、変化する業界動向に柔軟に対応した、製品・サービスをタイムリーに市場投入します。
業界が行政からのご指導もございまして、変化が非常に激しい状況です。今期に関しましてはなかなか方向性が見出せなく、動きづらい、物も作りづらい環境になっているなか、下準備をしっかりさせていただきながら、業界のきっちりした方向性が出た瞬間に、すぐにでも対応できるような準備をしておくのが今期は必要だという認識をしております。

3番目になりますけれども、パチンコホール向けの次世代主力製品群などの開発に向けた継続な投資を推進しております。
毎年次世代システムということでお話させていただいてますけれども、順調に推移していますが、市場環境が2月10日以降、激変するというような認識の中で、いろいろ変化させなくてはならない部分があるという認識をしております。その中で周辺機器は今回の展示会でも情報公開機器を中心に、ユニットも作らせていただいて、そちらの投資に関しましては順調に推移しているんですけれども、やはり核となる部分に関しましては、先ほどの依存症とか、そういった部分に対応しなければならないということで、いろいろ変更する部分も視野に入れながら動いているという状況になります。タイミングという部分が一番大事なところですので、そこを見極めている状況になります。

情報システム事業 市場シェアの引き上げ


根本社長 続きまして、全国パチンコホールにおける設備機器など周辺機器の販売に対する、情報システム事業部の売上割合のグラフです。金額・シェアというグラフですので後でご覧ください。

制御システム事業 部品開発体制の強化と中期的なシェア向上


根本社長 26頁は、私どもの制御システム事業の表示ユニットが、どれだけシェアを維持しているかというグラフになります。後ほどご覧いただければよろしいかと思います。

事業戦略 情報システム事業部


根本社長 続きまして、情報システム事業部の事業戦略のほうを、お話させていただきます。

新製品 CRユニット「VEGASIAⅢ」


根本社長 今期の情報システム事業部における新製品ですけれども、2017年6月よりCRユニットの3世代目となりますVEGASIAⅢを販売いたします。もうすでに、3軒ほどフィールドテストを終わりまして、順調に動いておりますので今年の業績の核となると認識しております。
よろしければ、いま展示会をやっておりまして、来週が東京で最終の開催となりますので、興味がある方はご来場いただければと思います。本当にインパクトある製品ですので、期待しています。現状CRユニットに関しましては、VEGASIAⅡが昨年までで616ホール導入になっております。ここを伸ばしていくことが一番の課題であると思っております。

基本戦略 情報システム事業


根本社長 続きまして情報システム事業部の、詳細について説明をさせていただきます。今期の製品販売についてですけれども、ホール用のコンピュータ、我々の製品は周辺機器はすべてこのホルコンを中心に動いておりますので、この台数を増やしていきたいというのが、基本的な考えです。
販売台数のほうは100台を目標とさせていただいております。BiGMO PREMIUMが3万5千台、昨年リリースさせていただき好評だったREVOLAは情報公開機器が、一年で結構陳腐化してしまう中で、現行でも販売が順調に推移しており、今年も伸びるのではないかなという認識しております。で、それが4万2千台、IL-Xは2万5千台の販売を計画しております。IL-Xに関しましてはまた、手を打っていくというような動きもしてまいります。
CRユニットに関しましては7万台、そして顔認証システムは新型CRユニットVEGASIAⅢには顔認証用のカメラが標準装備されております。ハード販売だけではなく、CⅡフェイス、そして今回FanSISと、いう新たなサービスも始めていきます。その中心になるのもVEGASIAⅢという認識をしております。顔認証のカメラを有効に活用しまして、ソフトも連動していくというようなかたちになります。先ほどから出ておりますMIRAIGATEサービスですけれども、順調に伸びておりまして43億5千万円を計画しております。
上期で売上高は130億円、セグメント利益で10億円、通期では売上高285億円、セグメント利益で25億円を計画しております。昨年の、目標も、書いております。

事業戦略 制御システム事業部


根本社長 続きまして、制御システム事業部のご説明をさせていただきます。

基本戦略 制御システム事業


根本社長 制御システム事業部の詳細ですけれども、当社が携わりますパチンコ遊技機向けの表示ユニットは13機種、13万台の販売を計画しております。
次にパチスロ遊技機ですけれども、子会社DAXELから上期に2機種、5,400台の販売計画をしております。まさに今、販売中なんですけれども、順調に推移し、完売するというような予想をしております。
これによりまして上期は売上高60億円、セグメント利益プラスマイナスゼロ、通期では売上高105億円、セグメント利益7億円を計画しております。
ただ、制御ビジネス、受託のビジネスになりますけれども、今なかなか認可が下りにくい環境が続いているんですけども、今後は年末に向けて、どんどんどんどん機種開発とともに認可のほうも進むのではないかという予想をしております。

基本戦略 パチスロ遊技機


根本社長 続きまして32頁のほうには、今回販売させていただいております先ほどの2機種を紹介しております。もう少しすると、市場に納入していくようなかたちになります。

株主還元について


根本社長 続きまして、株主還元についてご説明させていただきます。

株主優待制度について


根本社長 当社は、2015年より株主優待制度を導入しております。毎年9月末日に100株以上を保有しておられます株主様へ株式数に応じたポイントを付与し、カタログやウェブ上でそのポイントに応じた商品と交換ができます。
お陰様で、評価をきっちりしていただきながら、株主数も増加し、一般の方から評価を得ているという認識をしております。今後も継続していきたいというふうに思っております。

配当について


根本社長 続きまして、大事な報告になりますけれども、配当についてということで、36頁のほうをご覧いただきたいと思います。当社は安定配当をベースに、収益に応じた特別配当を実施することを配当方針としております。
なかなか厳しい収益環境の中で、まずは会社が安定するという部分もございまして、2018年3月期に関しましては、安定配当部分を50円から40円に引き下げておりまして、配当性向は73.9%を見込んでおります。
以上が今期の方向性と内容の説明ですけれども、パチンコ業界の情勢に関しましては、SISのデータのほうで説明のほうもあるんですけれども、こちらのほうはですね、資料としていただいて、状況が変わりましたらですね、ご案内のほうをしていきたいと思いますので、本日は資料としてお持ち帰りいただければ、よろしいかなというふうに思います。
以上で、2018年3月期の業績の見通しをご説明させていただきました。ありがとうございました。

質疑応答

Q 制御システム事業で遊技機メーカーへ開発費売上が計上されるとあるが、どんな場合に計上されるかなどを詳しく知りたい。

A パチンコにおいて開発費は販売管理費取消し、ということで計上はしていない。
主に開発は基盤関係、部品関係の個別の開発費であり、大きくは上がっていない。

Q 研究開発費についてだが前期の実績でみるとかなり絞られ利益も出ているが、計画に対してもかなり絞った印象がある。
この背景、今後の影響についてどう考えているのか知りたい。

A 開発費に関しては絞っていないが、業界の環境変化が激しい中、先行して動いていく上で、次世代のシステムについて一段落したということがある。
リリース時期に関しては市場がこの様な状況なので色々なことを判断していく、変えていく必要がある。
取組んでいく部分と様子見している部分がある。
今期リリースのVEGASIA IIIなどの開発費も昨年度動いている。
また周辺機器に関しても開発費を進めていく。直接的に売上につながる部分が先に動いていく形だ。
だから開発費を抑えてるという認識はしていない。
それにより収益に影響が出るのは当然だが、開発費は順調に推移しながら製品の強化をしていく。

Q 業界環境の足元が厳しい中、中計の2020年の3月期で570億と売上の目標だが、この前提は市場全体が回復していくということを織り込んでいるのか、厳しい中でもシェアのアップという売上の伸びなのか、新しい新規事業を考えているのか、考え方を知りたい。

A やはり売上金額は市場金額に応じていく部分である。
その中でも情報システム事業部のウェイトが非常に高いと認識している。しかし市場関係と歴史的な関係を見て、伸びたり底を打ったりと言う中で当社が動いて業界を変えていく、という強い意志で業績を上げることを目標に対して捉えることが多い。
しかし現実的な話だとアプローチをしても業界の方向性がなかなか出てこない、変動がこないという状況だ。
なので、機種開発も動きが少ない。規則改正が近々出ていく中でそれを見据えて中計を検討する余地等が出てくる可能性がある。
現在はしていないが変更等があれば案内する。またそれを見据え製品開発をしている。
情報についても400億近い中身になっている。市場が動く条件が整えば情報の売上は比例して伸びる実力はある。そのような計画である。

Q 色々な課題を含め、業界の付加価値サービスの提案をしているとあるが、御社はどういったことができるのか知りたい。

A 付加価値サービスそのものが金額の状況につながっていて、SISをとるにしても情報の対価をもらっているというものである。
コンピューターの販売に伴ってネットワークサービスが9割新規導入している。
そのネットワーク件数は約2,900件と伸びているので、その付加価値サービス、新たなサービスを考えている。
ランニングビジネスの推移があるが、十数年前はSIS一本だったが現在はファン、ホール向けなどのコンテンツ、メンテナンスデスクなどの16種類以上の有料のサービスを提供していて前期も41億の実績である。
今期はホール向けだがVEGASIAの顔認証のシステムを利用して弊社のサーバーにデータを収集して有料で情報サービスとして提供するというとても画期的なシステムである。
展示会でも非常に反応が良かったので今後もこの様な付加価値の高いサービスを提供していきたい。
SISは市場では高評価である。SISはお客様の台のデータから総合分析をして市場に返している。
さらに同等並みのFanーSISはお客様の情報の動きという情報も付け加えられ、個々のホールで活用していた部分を市場環境を分析しながらフィードバックしていく等の新たなサービスをVEGASIA IIIを中心として進めていくつもりである。
それはハードの売上とランニングの収益につながり、MIRAIGATEサービスを伸ばしていく。純利に近いため、会社を安定させるには大きな部門だと考えている。

Q ホールコンピューター市場シェアが35%と情報システム事業のシェアの推移の関係を知りたい。また35%の母数は何か。

A 設備、遊技機の周辺市場環境を大体想定していて、その周辺機器コンピューターを含めた市場でこのくらい動くだろう、という市場規模がある。
その中でコンピュータや周辺機器の製品のシェアが35%くらい現存しているという表である。
遊技機の周辺機器市場の2015年は1,500億。これが全体の金額の母数である。
ホールコンピュータのシェアの母数は店舗数である。
1万1千件あるうちの35%だから3,700件である。年度別の推移についてはパチンコ業界の設備メーカーの市場での売上である。
これは1,500から1,600億くらいで推移していて、この中には弊社で扱っていない補給システムや椅子等のパチンコホールの中にある色々な設備を含めた市場規模の売上のシェアである。

Q 今期の計画で情報システムを減益で見込んでいるが、増収で開発費も減るにも関わらず減益なのはなぜか。

A VEGASIA III、その他の製品のリリースに伴って金型の償却を3億程経費としてみている。
市場が厳しい中、昨年からの主力商品であるREVOLA等の製品が前期より倍加も含め利益率が厳しくなると想定している。
市場環境が厳しい中、ユニット部分はシェアをあげ来年以降のMGサービスの収益につながる。
だから物件があれば取ることで進めていく。計画は厳しめに立てた。
頑張って収益を結果で上げていきたいと考えている。

参考資料

資料ダウンロード