株主・投資家の皆さま

ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャー(情報開示)の基本方針

当社は、株主・投資家の皆様へ公平かつ迅速、適時な情報開示を目指しています。情報の開示にあたりましては、東京証券取引所の適時開示規則に準拠する重要情報はもとより、当社が独自に投資判断に影響を与えると判断した情報につきましても、積極的な開示に努めてまいります。
また、当社及び当社グループの事業内容を理解していただく上で、当社が特に有用と判断した情報につきましても、積極的に開示いたします。

情報開示の方法

東京証券取引所の適時開示規則に該当する重要情報の開示につきましては、同規則に従い、同取引所の適時開示情報開示システム「TDnet」で公開後、速やかに報道機関、当社ホームページ上に情報を掲載します。
また、適時開示規則に該当しない情報につきましても、報道機関や当社ホームページを通じて、正確かつ公平、迅速な開示を心掛けてまいります。特に、決算説明会、事業説明会等の情報につきましては、当社ホームページ上に掲載し、公平な情報開示に努めてまいります

将来の見通しに関して

当サイトに掲載されているダイコク電機の将来の見通しに関する計画、戦略につきましては現時点で入手可能な情報に基づき、ダイコク電機の経営者が判断したものであり、この中には、リスクや不確定な要因も含まれております。従いまして、これらの業績見通しのみに全面的に依拠して投資判断を下すことは差し控えていただくよう、お願い申し上げます。
実際の業績は、事業を取り巻く経済環境、需要動向、米ドル、ユーロを中心とする為替動向により、これらの見通しと大きく異なってくる可能性もありますのでご承知置きください。

沈黙期間

当社では、決算発表資料準備期間中に株価に影響のある情報が漏れることを防ぐために、決算 (四半期決算) 期末日の翌日から決算発表日までを「沈黙期間」として、決算に関するコメントや質問への回答を控えさせていただいております。ただし、沈黙期間中に判明した業績予想と既に発表した予想が大きく乖離する場合には、適時開示規則等に沿って、適時適切に情報開示をしていきます。